借金の法律上の定義

他人にお金を借りることが借金だといえばそれまでですが、実は民法とよばれる法律のなかには、借金の明確な定義についての規定がなされています。
正確には法律用語で金銭消費貸借契約とよばれるもので、その成立にあたっては、金銭の交付があること、返還について両者で合意していること、返還時期についての約束があること、といった条件を満たすことが必要とされています。
まれに返還時期が契約書などでは明確に示されていないような場合もあれますが、その場合には、貸した人が返済を求めてから相当の期間を経過した後が、その返還時期とされることになっていますので、借りる側からすれば、不意打ちで返済を求められるよりも、逆に返還時期がしっかりと明文化されていたほうが安全であるともいえます。
また、もしも返還についての合意がなく、金銭を渡したきり、またはもらったきりで終わってしまう場合は、金銭消費貸借契約、いわゆる借金の定義にあてはまりませんので、贈与契約の一種であると考えられます。

借金をして投資するのは得策か

借金をして投資するのは得策か 借金をして投資をするのは得策とは言えません。キャッシングは多目的ローンですが、投機性資金やギャンブル資金は不可とするものが多いです。
現在においてローンを利用している方は、投資をして利益を出すことを考えるよりも、ローン返済を優先させるべきです。
キャッシングだと年率15.0%程度の金利となり、投資で利息分以上の利益を得るのは並大抵のことではありません。投資で利益を得ることよりも、借金を早期完済して利息の支払いを終えたほうが経済的メリットは大きいのです。
借金をしている方は、短期返済するために毎月の返済額をなるべく大きくしましょう。無理をした金額設定にすると行き詰まりますが、返済額を最小限にする方法は得策とは言えません。
返済額を少なくするほど、必然的に長期の借入となって利息が増えてしまいます。利息を減らすためには借入額を減らすのが一番ですが、返済期間を短くすることも同様に大切なのです。
1日単位で利息が発生するので、1日でも早く完済できるように工夫しましょう。

recommend

フットサルコート

2017/6/2 更新

contents $q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>